円満退職

勤めていた病院を看護士として辞めるとき、知っておきたい情報を紹介。円満退職することで、次の病院でも着実にキャリアップすることができます。転職する際にはただ辞めるだけではなく、円満退職することがとても大切です。
MENU

退職記事一覧

退職願と退職届の違いはあまり最近では、区別なく扱われているケースも多々ありますが、実は本来かなり意味が違うことを知っていますか?退職願は従業員・社員から会社への「申し出」という希望です。そのため会社側、通常は直属の上司が退職願を受諾することで、正式に退職扱いとなります。なので、上司または会社側が正式に受諾していない段階では撤回も出来ます。よく、テレビドラマなどで、一旦、本人が退職願いを出したにも関...

本文:最下部に「私事」から記入。表題より1行空ける。 退職理由:本当の理由は必要ありません。「一身上の都合により」と書く。 退職日:上司と事前に相談し、退職日を決定する。 提出日:退職願を上司に提出する日。 宛名:会社の社長の氏名を記載。敬称は「殿」。自分の氏名よりも上になるように記載。 署名:部署名と名前。押印は必須。尚、押印は三文判では駄目、ちゃんとした印鑑を使用。 封筒について:白地の封筒を...

退職について法律では「2週間前までに退職の意思を告げる」とされています。ですが、ほとんどの病院では「1カ月前迄」または「3カ月前迄」などの就業規則となっているケースがほとんどです。まずは、あなたが勤めている病院、医療機関の就業規則を確認しましょう。そして早めに上司に退職の意思および相談を行いましょう。きちんと相談の上、仕事の流れなどを考慮し、上司とともに退職日を決定します。その上で退職願を提出しま...

このページの先頭へ